体長1.98mのギネス級巨大カンパチ!
新聞や雑誌「つりサンデー」等で釣りの大物として掲載されました。




遙か遠方黒潮から流れ藻にいる稚魚を狙って
大物が、やって来る!

海の幸に恵まれた豊かな黒潮に浮かぶ島々と屋久島


屋久島近海は大型の回遊魚に出会う事ができ、群をなす魚としては屋久島特産のトビウオや首折れサバで有名ですが、料亭などでしか見ることのできない珍しい高級魚の産地として出荷されています。

そんな屋久島の海とともに生き、口永良部島(くちのえらぶじま)をはじめとした島々と、その漁場を知り尽くした地元漁師 有馬幸夫が、漁船「浪島丸」にてお客さまをそのときの最良の釣り場までご案内いたします。

− GPSシステム、無線通信システム、魚群探知機 等完備 −

.
【口伊良部島】

屋久島から船で30〜40分の場所にある活火山を持つ島です。上陸すれば温泉にも入れます。
. 【屋久島灯台】

永田岬の先端に立ち、口永良部島との間を通貨する船の重要な安全を守るポイントとなっています。この下の海では海流がぶつかり合う所で大形のブリなどの大群がやってくることがある。
.
.

【一枚岩】

灯台のすぐ隣にあるフライパンをひっくり返したような大きな1枚岩。海の上からでないとその全容を見ることができません。潜ってみたら海底にはイシダイ、上場にはイソマグロが、そんな場面に出会ったことも!
.

「浪島丸」船長
有馬幸夫


次へ進む
.


Copyright(C) All Rights Reserved浪島丸